読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無能IT系社畜の末路

根暗話をしたい訳ではありませんが、明るい話をするとしたら風俗行った事しか喋れないので、こんなブログになりました。

ブラック環境の負のスパイラル

休みなんて取れる訳がない。

だってブラック企業ってのは、3人でやる仕事量を2人に任せるんだ

だから一人は1日に8H+4Hで計12時間働かないと仕事が回らないんだ。

それがブラック企業であり、それでこそブラック企業なんだ。

 

3人でやる仕事を1人に任せることも8H+8H+8H=24Hで理論上は可能である。

これがブラック企業経営層の考え方なんだ。

 

私には同僚がいる。

恵まれている。

なぜなら同僚はよく仕事ができるから、

私が休むと頑張って仕事をしてくれている同僚が更に頑張らなければならないから迷惑が掛かる。

それはあまりにもあまりにも申し訳ないから私は休めない。

江戸時代にあった五人組とかといっしょで、互いの首輪を縄でつなげられているような感じだ。

 

平日は休めなくても、

運よく休日に休めたとして、

休日に面接してくれるところなんて、

そもそもに従業員を休日に働かせて面接させてるような所では働きたくない。

でも平日に休みなんてとれない。

 

これってもう転職すらできないんじゃないかな。

心壊れて、仕事休んで、退職させられて、そしてようやく自由になったら動ける?

転職活動できるSEってすごいなぁと思う。

よくそんな時間作れるなぁ、その時点で恵まれていて、俺にとってはそこに転職したいレベルであって。

ようするに貧富の差のように、貧者は貧者の層から抜け出せないようにがんじがらめになっていて、

転職して上にあがったSEなんのは最初から中間層よりも上にいたんだろうなと。

 

SEとプログラマーの違いもよくわかってない無能だから恨み節しかでない。

f:id:twinkey:20161022230223j:plain

 

今日はお外でお父さんとお母さんに手をつながれた子供をみた。

元気な子供だった。

ぶらんこみたいにジャンプしたり、散歩嫌がる犬のようにひきずられたり、

俺も家族を持ちたかった。

今の労働時間で、今の年収で、家族なんてもてやしない。