無能IT系社畜の末路

根暗話をしたい訳ではありませんが、明るい話をするとしたら風俗行った事しか喋れないので、こんなブログになりました。<br>あと、互助会には入っていません

【陰謀論】国内家電メーカーが熱湯洗濯機を作らないのは洗剤メーカーと癒着しているから

海外では熱湯を使用可能な洗濯機が販売されている。

海の向こうではペストの大流行があったあたりから、

洗濯物は煮込んで洗うようになったらしい。

 

熱湯洗濯機の利点は下記である。

 

・除菌率が半端ない

 ⇒熱湯で洗うことで煮沸消毒されて、菌が居なくなり生乾き臭がなくなる

・油汚れ、皮脂汚れが半端じゃなく落ちる

 ⇒油は高い温度で融けてよく落ちるようになる。

  既に国内の食器洗い機などでは80度すすぎとか熱湯洗浄が当たり前になってきている。

 

ということで国内メーカーが熱湯洗濯機を出すことで、

梅雨の時期の生乾きの臭いに悩んだり、洗濯槽の掃除に追われたりしては、

その都度に洗剤を買っている消費者の負担は減るのだ。

 

国内メーカーはとっとと熱湯洗濯機を出してください。

この時期はタオルは寸胴鍋で煮込んでいるんだけど、熱湯洗濯機があればその手間がなくなる。

洗剤メーカーから賄賂を受け取るため家電メーカーはスペックの低い、海外で通用しないような商品を販売していた…?

 

熱湯による煮沸消毒効果はすごいから、

洗剤なんてなくても十二分に臭いが消えるようになる。

 

「日本は軟水だから、硬水で洗剤が融けない海外と違って熱湯洗濯機は不要」

そんな言い訳はいらない。販売してくれ。

f:id:twinkey:20170820234303p:plain

 

以上。