読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無能IT系社畜の末路

根暗話をしたい訳ではありませんが、明るい話をするとしたら風俗行った事しか喋れないので、こんなブログになりました。

職場で泣いた日

前任者からの引き継ぎを完了した。

なので全ての業務を円滑に進めるのは私の仕事なのだが、
来る前から課題になって動けていなかったやつを今月中に解決しろとはっぱかけられ、
リーダーだからと甘えられる先もなくて苦しくて、
助けを求めるもどこも暖簾に腕押しでダメだった。

先輩がふと気持ちを理解してくれるような言葉を発したため涙が溢れそうになり唇を噛んで抑えた。

声が震えていた。



後輩は居眠りする。
それがどうした。
新人のあら捜しに躍起になるような心理状態はまともではない。
ここを逃げなければ潰れるのはこっちのほうだ。
そう感じた。

後輩は別の部署に異動を願い出ているようだ。
通勤が長いから、勉強する時間もないから、勤務時間の短いところへ移りたいそうだ。

今抜けられたらまずい。
いてもらわれてもやる気なく自らコミュニケーションをとろうともしない子だが、
今はいてもらわなければ困る。

どう上に伝えればいいのか。
恐らく状況は悪化する。



後輩はネガティブ発言多く、また大げさに話しをする傾向がある。
それを間に受けて移動したところで別の場所で同じように不平不満を上げてサボタージュするのは目に見えている。
隣の芝は青いが、確かに青いのだが、
ならば俺のほうが精神きたしそうです。

新人のあら捜ししている時点で精神的に異常な事態は私の方である。